読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

協会のわんこたち(`・ω・´)

日本レスキュー協会で暮らしている犬たちの日常のあれこれについて、ゆるーくご紹介

ご報告。

昨年12月31日午後9時58分、当協会の最長老・チャーリーが永眠いたしました。

f:id:japanrescue1995:20160103104010j:plain

レスキュー犬として、2005年のパキスタン地震を含め国内外で活動し、行方不明者の発見に貢献したチャーリー。

引退後は、保護犬たちの父親、教育係りとしてわんこたちからだけでなく、スタッフからも愛され、信頼される存在でした。

f:id:japanrescue1995:20160103094932j:plain

葬儀に向かう前、最後の集合写真を撮りました。

寝息がこえてきそうなほど、とても安らかな顔をしたチャーリー。

みんなでチャーリーの大好きなボールやおやつを持ち寄り、チャーリーの思い出話で泣き笑い・・・

f:id:japanrescue1995:20160103095747j:plain

f:id:japanrescue1995:20160103095755j:plain

協会を出発する前に、生活を共にしていたスタッフと、ふたりだけでグランドを一周・・・

「父ちゃん、ありがとう」

「父ちゃん、大好き!」

「父ちゃん、ボクは幸せだったよ」

「父ちゃん、ボクのこと思い出すときは笑っていてね」

・・・と、チャーリーが話しかけていたような気がします。

f:id:japanrescue1995:20160103142959j:plain

協会に帰ってきたチャーリー。先に天国へと旅立ったわんこ達と一緒です。

 

チャーリー、ありがとう!

チャーリー、お疲れ様!

チャーリー、大好き!

チャーリー、また会う日まで!

 

☆写真:チャーリー

   享年15才。人間だと110才のご長寿です!